視力は就職の武器

気になるお子さんの視力低下、まぁ、仕方ないかな・・と放っておくと
どんどん低下して、眼鏡やコンタクトなしでは生活ができなくなってしまいます。

そうなる前に、読書やゲームなどの家庭内のルールをきちんと守らせる、
目や全身の健康のために 栄養バランスのとれた食事になるように見直すなど、
改善すべき点をきちんと見直した上で、
早めに視力を回復するトレーニングをしておくことをおすすめします。

視力が悪いと、眼鏡代がこの先ずっとかかる、コンタクトのケアが面倒というだけではありません。
お子さんの希望する職業で、視力の制限がある場合、あきらめざるを得ないことがあるからです。

たとえばパイロットは、裸眼で所定の視力があることが条件です。
矯正手術を受けた場合は、審査対象から外れるケースが大半なので
地道な視力回復トレーニングに望みを託す方が多いようです。

他にも、裸眼で一定視力を要する職業というものは
意外と多いものです。
いざとなったらレーシックがあるからいいわ!と思っていても、
パイロットのように手術での矯正視力に制限がかかることもあるので
やはり、目がよいにこしたことはないですね。

視力が下がりはじめた頃に、きちんと目のトレーニング習慣をつけることで
ずっと目がよい状態を保てるお子さんが増えています。
遅くなるまえに、是非試してみてくださいね。


近視が手遅れにならないうちに!詳細を見てみる>>


視力回復法:サイトマップ

サプリで視力回復は可能? 視力を回復=節約? ファッションと眼鏡 視力は就職の武器

↑トップヘ戻る


-->